top of page

皇室の方々にもお召しいただき、ロイヤルカラーと謳われる彩琳の着物


振袖「新雲重ね」


皇室の方々にもお召しいただき、ロイヤルカラーと謳われる彩琳では、2023年2月11日(土)・12日(日)に初の東京展示会を開催します

.

ご予約満員のお時間帯もございますので、ぜひ事前にご都合をお聞かせください。

.

プロフィールのお電話や、ホームページに記載のLINEででお問合せいただけます。

当日はご予約いただいたお客様を優先させていただきますのでご了承くださいませ。

.

2月11日(土)

午前10時~午後5時

2月12日(日)

午前10時~午後4時

一文株式会社 東京支店 2階

東京都中央区日本橋富沢町5番3号 (人形町駅から3分)

.

唯一無二の“色”で描かれる、本物の京友禅

.

それは色の一つ一つを生みだし、染め、白生地からそれぞれの職方のもとを通って完成する、纏う芸術

.

彩琳はそんな着物を制作する染匠です。


Tokyo exhibition

The first Tokyo exhibition will be held on February 11th (Sat) and 12th (Sun), 2023 at Sairin, which is said to be the royal color, and is also worn by the imperial family.

Please let us know your availability in advance, as there are times when we are fully booked. You can contact us on the phone on the profile or on line listed on the homepage. Please note that priority will be given to customers who have made reservations on the day.

.

Saturday, February 11th

10:00 am to 5:00 pm

February 12 (Sun)

10am-4pm

Ichibun Co., Ltd. Tokyo Branch 2F

5-3 Nihonbashi Tomizawa-cho, Chuo-ku, Tokyo (3 minutes from Ningyocho Station)

.

Authentic Kyo-Yuzen drawn with unique “color”

.

It is the art of wearing, which creates each color, dyes it, and completes it from white cloth through each craftsman.

.

Sairin is a dyeing craftsman who creates such kimonos.

閲覧数:229回
bottom of page